「ネタバレ」巫女っちゃけん / 広瀬アリス主演

邦画
スポンサーリンク

「巫女っちゃけん」は2018年2月3日、(福岡県は1月20日)に公開された作品である。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

出演はしわす役に広瀬アリス、しわすの父大鳥役にリリー・フランキー、しわすの母真紀役に飯島直子、健太役に山口太幹、健太の母美和役にMEGUMI、他に原口あきまさが出ている。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

就職活動中のしわすは「仕事はきついし定年早いし将来性無い、あんなもんになりたい人のきがしれん」と嫌々父親が宮司を務める神社で巫女のバイトをしています。そして、しわすは

  • 男性が「商売繁盛のお札を勝ったが一向に景気がよくならない、少しは責任を感じろよ」と言うと「一度総理大臣に相談されてはどうでしょうか」と返します。
  • 女性がおみくじが4枚外れて、「この神社はハズレしかないじゃないの」と言うと「多分当たりもあると思いますけどね」と返します。
  • 頭と手に包帯をした男性が「事故ったので車の修理費と治療代を出せ」と言うと「今、生きていることがご利益なんですね」と返します。
  • 外国人の男性が「千円札と一万円札を間違えて一万円札を入れてしまった」と言うと「一万円札は無いですね」と言って千円札を渡してしまいます。

神社でボヤ騒ぎが有り、宮司のオニギリを盗まれたり賽銭を盗まれる事件が起こります。

しわすが見回りに行くと犯人が健太という少年であることがわかります。

そして、宮司を務める父の大鳥は「本来ならばしかるべき場所に預けるのがすじかと思いますがこの子がこの神社に身をよせたのも何かの縁です。親御さんが見つかるまでの間、この神社でお世話をさせていただく」と言いだします。

その後、健太の母親美和が現れ、「ゴメンネ、もう二度と寂しい思いさせないからね」と言うと、しわすが「だったら、ちゃんと面倒見れば、どうせ男が出来て子供が邪魔になったんじゃないの」と返します。

美和は離婚していました。

美和が健太を連れ帰ると、健太が殴られていることが分かります。

美和は大鳥に「健太のことは愛してるし大切に思っています、でも私だって女として幸せになりたい、少しは贅沢したいし、たまには旅行に行きたいし、普通に暮らしたい、お金で苦労したくない、健太を叩きたくて叩いているわけじゃないのです。」と言うと大鳥は「あなたのジン瀬はあなたのものです。それは間違いない。けれども、健太君を神様から授かりました。」と言います。

そして、しわすが父と離婚した母真紀を訪ねると真紀は「邪魔に思う時が有るの、自分のじんせいがなくなっちゃう気がするのよ、母親だけど女でもあるの、自分の人生を取り戻す為にあの神社を出た」と答えます。

感想

しわすを演じる広瀬アリスの演技が素晴らしい、しわすがイヤイヤ巫女をやっている姿が良く出ています。

モノマネで有名な原口あきまさが警察官役ででているのも見所です。

『巫女っちゃけん。』予告

コメント

タイトルとURLをコピーしました