冬のソナタ

韓流
スポンサーリンク

                                                    

                                                          

 

言わずと知れた韓流のきっかけとなった作品である。 オープニング曲はRyuの(最初から今まで)で始まります。 甘く切ないこの曲はこのドラマにまず観客の心を引き付けます。 このドラマは雪のシーンがピッタリである。

雪の中で、ぺ・ヨンジュン演じ るチュンサンとチェ・ジウ演じるユジンが戯れるところが最高です。雪だる ま同志がキスした後ふたりがキスをします。

私はこのドラマを最初、リアルタイムで見ていませんでした。冬のソナタの 映像を最初に見たのは、パチンコの冬のソナタが出たときです、まるで、ド ラマを見ているように作られています。

雪だるまのシーンがとてもロマンチックなで気に入っています。当時、ポラ リスという言葉がこのドラマの影響ではやりました、街にポラリスという 店もできたほどです。ちなみに、ポラリスは星座のひとつです。

この作品の主役のぺヨンジュンは中高年の女性の心を虜にしました. その当時、日本のヨンさま人気は本当にすごかったです。芸能人でヨンさま の髪型のマネをする芸能人がたくさんいたのを覚えています。

このドラマが大ヒット理由は恋愛ドラマによく使われる永久のテーマの 初恋です。ドラマは高校時代にふたりが出会ったところから始まります。

ユジンのいる高校にチュンサンが転校してくるところからはじまります。 その後ふたりは愛し合うのですが、ユジンに会いに行く途中で、チュンサン は交通事故で亡くなってしまいます。

チュンサンが亡くなって10年後、ユジンは高校時代の同級生のサンヒョク との婚約式に向かう途中、チュンサンにそっくりな男性を見てしまう。そこ で、10年前の記憶が走馬灯のようによみがえります.

バスに乗っても、高校時代にいっしょに乗っていたときのチュンサンのこ とを思い出してしまうユジン。 ユジンは、設計事務所で働くのですが、この仕事でチュンサンにそっくりな 男性ミ二ョンに出会うことになる。仕事で何度も会うたび、心の葛藤が始ま ります。

冬のソナタはチュンサン役のぺヨンジュンがあまりにも、人気があります が、私は、ユジンを演じているチェジウの演技はとても素晴らしいと思いま す。

ミニョンは別人のはずなのに、どうしてもチュンサンとダブってしまう。ミ 二ョンの行動の、ひとつ、ひとつがどうしてもチュンサンにみえてしまう。 高校はどこに行っていたかをミ二ョンに聞いてしまうユジン。

ユジンは、ミニョンを見ると昔のチュンサンを思い出し、悲しくもあり、又、嬉しくもあった。何も変わらないのにその人だけがいない寂しさ。なんと、切ないんだろう。

工事現場でミ二ョンが事故に遭うところをやはり、チュンサンに思えて、かばい逆に怪我をしてしまうユジン、10年経っているのにここまでひとりのひとを愛せるものなのか。

のちに、ミニョンは交通事故で記憶を失ったチュンサンだと分かりました。 

この物語は恋愛ドラマによくありがちな主役のふたりをめぐっての四角関係の物語です、主役のふたりがくっついたり離れたり。

ユジンは、愛する人に対してとても一途。(急に吸い込まれていく感じ、これが愛か、運命なのか、急に胸がドキドキして苦しくなる感じ。)

  この感情を表現できるチェ ジウの演技はすごいと思いました。

   

コメント

タイトルとURLをコピーしました