猟奇的な彼女

韓流
スポンサーリンク

2001年に韓国で公開され大ヒットした映画。

出演は彼女役にチョン・ジヒョン、キョヌ役にチヤ・テヒョンが演じている

この物語は、猟奇的な彼女と彼女に翻弄される男子学生キョヌの恋愛を描いたコメディである。

この物語の題名が猟奇的なとなっていますが、日本ではこの言葉はあまり使われません。この意味は【普通でない行動】です。

キョヌが友達と酒を飲んでいる時、窓越しに彼女を見かけます。再度、地下鉄で彼女に出合います。

彼女が、地下鉄に乗っているとき、「早く立て、お年寄りに席を譲りな」と若い男性の頭を殴り、変わらせ、最後に「ピンク色の服を着るな」と言い捨てます。

せっかく席を変わってもらった老人に対して、彼女はその頭の上になんとゲロをはいてしまったのです。

とにかく、この物語は最初から笑えます。ゲロを吐くなら、普通、人を避けるはずなのに、彼女は泥酔していましたので出来ませんでした。

二人でファーストフードの店に入り、キョヌがジュースを注文しようとすると、「死にたいの」 と コーヒーを注文し、自分の考えを押し通します。

言い遅れましたが、彼女は、シナリオ作家志望です。キョヌが彼女が書いたシナリオを読み、飛ばし読みすると、「死にたい」と、また、彼女は言います。彼女が書く作品は全て、アクション映画です。恋愛ドラマではありません。キョヌは「韓国人はラブストーリーが好きなんだ」と訴えます。

彼女からのメールの内容も「明後日は私の誕生日、忘れたら、ぶっ殺す」と届きキョヌはびっくりします。

彼女は本当に何をするか分かりません、海岸で急にキョヌを海に突き落としてしまったこともありました。「俺はカナヅチなんだ」と叫ぶキョヌを彼女は飛び込み助けます。

彼女はキョヌと話をしているとき、威圧的で、とても強い口調でです。

キョヌは面白い雰囲気をを持っていますが、弱い男性であり、また、彼女は正義感が強く、強い女性ですが、スタイルがよく、綺麗なので、酔っていない時の彼女は、キョヌにとって理想のタイプです。

二人の行動を見ていると、何処へ行くにも彼女が決めています。居酒屋に行く時も彼女が決めました。キョヌが焼酎とキムチチゲを注文しようとすると、彼女は、「つぶ外貝にしな」と言います。そして、隣の席で飲んでいる中年男性と若い女性に対して、「援助交際である」 「身分証明書を見せろ」と 怒り出し因縁をつけてしまいます。

タバコをポイ捨てする男性に対しても注意をします。

他人に対して干渉しすぎです、何故、ここまで、正義感が強いのか。「相手になってやる、かかってこい」こういう言葉はなかなか言えません、人生で敵を作ることにになると思います。

とにかく、この物語は彼女がリーダーシップをとっています。キョヌが大学で授業を受けている時突然入ってきて、「出席もとったし、行きましょう」と強引に連れ出します。

この二人を見ていると、男女の関係が全く逆じゃないかと思います。酔っている彼女に対して、キョヌは、「落ち着いて」 と 言います。

彼女は、酔ってゲロをはいての繰り返し、酔い覚ましの薬を買いに行き、彼女を介抱するキョヌ。そして、彼女を見て、「彼女の心の傷を癒してあげたい」 と思います。

街で、他の女性にナンパをし、振り向いたら、何と、彼女だった。 「今度やったら殺すよ、何がそこのカノジョよ」 と キョヌに何度もパンチを浴びせる。このシーンもとても面白い。 

遊園地で彼女とデートしたときもまた、キョヌは彼女に殴られています。地下鉄に乗っている時に二人でゲームをしても殴り合っています。彼女がキョヌの顔を抑え、殴っているところを見ている周囲の人は唖然としています。キョヌは 【彼女といると一日があっという間に過ぎると】 楽しんでいます。

キョヌが彼女に抱き着いたときにも 「誰が抱きつけって?」と彼女は殴ります。これは、彼女なりの愛情の表し方ではないかと思えてきます。

ふたりは2年間別れることになり、キョヌのおばさんがキューピット役になりまた付き合うことになりハッピーエンドに終わっています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました