深田恭子主演のサスペンス映画 / 蒼い瞳とニュアージュ

邦画
スポンサーリンク

「蒼い瞳とニュアージュ」は2007年11月25日にWOWOWで放送された作品で松岡圭佑の小説がもとになっています。

出演は臨床心理士の一之瀬恵梨香役に深田恭子、宇崎俊一役に萩原聖人、財前靖子役に麻生裕未、緒方麻美役に佐津川愛美、高津朱美役に佐藤江梨子、財前圭一役に柄本佑、須藤道久役に石橋凌、元宮静雄役に寺田農、甲斐塚英人役に松重豊、緒方和美役に藤田朋子、寺瀬修一郎役に篠井英介が出ている。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

あらすじ

歌舞伎町のキャバクラで立て籠もり事件が発生しその事件でPTSD予防を担当した一之瀬恵梨香と警察の須藤と宇崎が協力して国家テロの予告と青酸カリバラマキ事件の解決をするお話です。

甲斐塚英人は「この国は悪意に満ちている、悪意は希望を蝕み絶望を生み続けている。この国はいつからこうなってしまったのか、誰の責任なのか。答えられる人間はもうどこにもいない。私とて無自覚な悪意を生み出した責任から逃れられない。悪意の父たる責任から悪意を道ずれに自決する」という映像を警察に送り付け青酸カリを飲んで自殺します。

警察は国家テロと判断しましたが一之瀬はテロではないと判断し青酸カリバラマキ事件を解明していきます。

「ニュアージュの会」で服毒自殺した事件は甲斐塚英人の息子の財前圭一が犯人であることが分かります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

感想

この映画は主演の深田恭子の魅力たっぷりの映画です、物語の冒頭でキャバクラの事件でいかにもキャバ嬢という格好で現れてキャバクラの女の子たちに事件のことについて話しかけていくのですが、一之瀬は自分のバックや時計に女の子たちを釘づけにし心を開かせていきます。警察官の宇崎は「気持ちをほぐす為にバッグの話をした」と褒めますが、一之瀬は「全然関係ないです」と否定する物語の前半がとてもお薦めです。

この物語はストーリー性を考えるよりも深田恭子ファンにとって最高の作品でぜひご覧になって頂きたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました