映画・異人たちとの夏 / 秋吉久美子、片岡鶴太郎、風間杜夫

邦画
スポンサーリンク

「異人たちとの夏」は1988年9月15日に公開された作品で山田太一の小説がもとになっています。


この物語は妻子と別れたシナリオライターの原田英雄が12才の時に交通事故で他界した筈の両親に出会うお話です。

出演は原田英雄役に風間杜夫、英雄の父原田英吉役に片岡鶴太郎、英雄の母原田房子役に秋吉久美子、英雄と同じマンションの住人藤野桂役に名取裕子、他に永島敏行、笹野高史、入江若葉、峰岸徹、竹内力が出ている。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

あらすじ

妻子と別れてマンションで暮らす英雄はテレビのシナリオを書いて暮らしています。このマンションの特徴は夜に明かりが点くのは英雄が住む6階の部屋と3階に住む藤野桂の部屋だけでした。

ある日藤野はシャンパンをもって英雄の部屋を訪れ親しくなりやがて恋人に発展します。

英雄は取材の後、故郷の浅草に向かい、寄席で偶然に父親の永吉に遭遇して家に招待されます。

英吉は「母の房子がラジコンに凝っている」と話し、房子もニコニコ笑っています。

二度目の再会の時、房子はアイスクリームを作っていて、英吉は「寿司職人だけど飽きっぽくてすぐやめる」と話しますが全く怒っていません。

何度も両親に会うことにより英雄はドンドン顔色が悪くなり、恋人の藤野から「まるで死人みたい、目の下が黒くコケテイル、二度と行くな」と言われます。

この物語の最後に恋人の藤野も実は死人であるというすごい結末が待っています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

感想

英雄がドラマのリハーサルに立ち会っていて、若い女優が台本の漢字が全く読めないシーンがあり、監督や英雄がおしえていますが、小学校の時何を勉強していたのかと思えてきます。演技よりもまず日本語の勉強をすべきです。

英雄が房子に苗字を尋ねて「何言っているの、原田に決まっている、熱いからボケたのか、親の苗字を聞く子供が何処にいるのさ」と言うシーンが素敵です、英雄は最初他人だと思っていたのが実の親子だと分かるところです。

英雄が3回目に両親を訪ねた時、英吉は「しけたものを食わせるな」と言うと房子は「3人で食べれば何だって美味しいのよ」と言い、その後3人は下着姿になり花札を始めます。このシーンも中々素敵なシーンでお勧めです、英雄が12才の時に両親が死んだのでとても感慨深い表情です。

最後に3人で食事をしていて、ふたりは「お前を大事に思っているよ、お前に会えてよかったよ」と別れを言うシーンが泣けてきます。

この物語は死んだ筈の両親に会えるというファンタジーで中々素晴らしい作品です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました