玉城ティナ主演 / 映画・私に✖✖しなさい

邦画
スポンサーリンク

2018年6月23日に公開された作品で遠山えまの少女漫画がもとになっています。

高校生でウエブ小説を書いている氷室雪菜役に玉城ティナ、同級生で生徒会長の北見時雨役に小関裕太、同級生で雪菜のいとこ霜月晶役に佐藤寛太、同級生で時雨の幼なじみ水のマミ役に山田杏奈、雪菜のライバルで時雨の異母兄弟の北見氷雨(ドルチェ)役に金子大地が出ている。

映画『わたしに××しなさい!』予告編

あらすじ

この物語は「ユピナ」というペンネームでウエブ小説を書いている雪菜は読者からの要望で「ラブの要素」を入れるため、生徒会長で学校いちの人気者北見時雨を「疑似恋愛」の相手に選び小説を書いて行きます。

雪菜な校庭で時雨の生徒手帳を拾います。そこには落とした女子の名前と告られた日付がすべて書いてあり、雪菜は「この本性がバレタラ楽には生きられなくなるだろうな、生徒手  帳を返してもいいが中身はすべてコピーしてある、お前の秘密全部バラされたくなければ私と恋に落ちなさい」と時雨に告げます。

ミッション1

              私の手を握りなさい

ミッション2

              私を抱きしめなさい

ミッション3

              私にキスしなさい

雪菜は小説の編集担当の下仁田から映画化の企画がありサイト上で小説バトルの事を聞かされます。3か月間サイト上の人気投票で一番人気が映画化権の獲得になります。

雪菜は小説を「ユピナ」という名前で書いていて本名と顔を隠していますが、物語の最後に作者が雪菜である事がバレマス。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――

感想

雪菜は最初、時雨を「いつも同じ笑顔同じ物腰、外面は良いが何の人間らしさも感じられない、つまらん男だ」と思っていたのに疑似恋愛の対象として時雨を選びます、不思議です自分の中で恋の対象として意識があったとしか考えられません。

雪菜はいとこの晶から「キスは僕がする」と告白されますが、「お前を疑似恋愛の相手には出来ない、私はまだ本気で人を好きになることがどういう事だか理解できていない」と言います、ここでもやはり時雨に対しての気持ちの迷いがあるのでしょうか。

小説バトルのライバルとして戦う「ドルチェ」が実は時雨の腹違いの兄弟の氷雨であることが分かります、いくら物語とはいえ出来過ぎています。

この物語は主演の玉城ティナの魅力が全開の映画だと思います、特に雪菜が使う男ことばが中々いい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました