映画・BLEACH/福士蒼汰、杉崎花

邦画
スポンサーリンク

「BLEACH」は2018年7月20日公開のアクション映画です。原作は久保帯人の漫画で週刊少年ジャンプに連載されました。


出演は黒崎一護役にNHKドラマ「あまちゃん」の福士蒼汰、朽木ルキア役に杉崎花、石田雨竜役に吉沢亮、一護のクラスメイト井上織姫役に真野恵理菜、一護のクラスメイト茶渡泰虎役に小柳友、阿散井恋次役に大衆演劇で有名な早乙女太一、朽木白哉役にMIYAVI、一護の母黒崎真咲役に「モテキ」の長澤まさみ、一護の父黒崎一心役に江口洋介、浦原喜助役に田辺誠一が出ています。

映画『BLEACH』本予告【HD】2018年7月20日(金)公開


あらすじ
高校生の黒崎一護は子供の頃母を亡くし、父一心と妹夏梨、遊子の四人で暮らしています。元々霊感はあったのですが、ある日部屋にいると「朽木ルキア」という死神に遭遇します。

その後、ホロウ「悪霊」が妹の遊子を連れ去ります、ルキアがホロウと戦って遊子を取り戻しますが、負傷して戦えなくなり、一護に「貴様が死神になりホロウを倒せ」と言い死神代行を任せます。ルキアは死神の力が無くなったので一護の霊圧を上げるため特訓を始めます。速球うち、剣術。

一護の霊圧が上がって行き、今まで交流の無かったクラスメイトの石田雨竜が近づいてきてやがて雨竜は一護のホロウを倒す上で助っ人となります。素晴らしい弓の使い手です。

死神の仕事はひとつ目は成仏させソウルソサエティに導くこと「魂葬」、二つ目はホロウを切り昇華滅却する事と説明しますが、一護は成り行き上なっただけでなりたくてなったわけではありません。



感想
物語の冒頭で一護は雨が降る中を母親の真咲と傘をさして歩くシーンがあるのですが、その時川の近くで傘もささずに立っている少女を見かけ、傘を貸そうと近づきます。

この時真咲は一護に近づきふたりは倒れ、何故か一護だけ助かり、真咲は帰らぬ人になってしまいます。
この時の描写をもっと詳しく、何故母親の真咲が死んだのか見えるように描いて欲しかったです。少女に近づいただけで死んだ理由が分かりません。
一護は霊感があり交通事故で亡くなった少年に「早く成仏しろよ」と話す優しい高校生です。


一護には夏梨と遊子の二人の妹がいるのですが、母の真咲が亡くなった時一護はまだ幼かったので一護とは年が離れており計算が合わないように思えます。
朽木ルキアを演じる杉咲花のアクションが中々きまっていてカッコイイ。
ルキアは何故か一護と同じ高校で同じクラスに転校してきます、漫画だから出来ますが、こんなに簡単に転校出来るのでしょうか、それに住むところは一護の部屋の押し入れです、簡単に男子高校生の部屋に決めてよいのでしょうか?ルキアには部下の浦原がいますので、そこに住んでもいいと思うのですが。



ルキアは部屋で妹のパジャマを着ているのですが、幼児の妹とルキアではサイズが全く合わない筈ですが不思議です。 大衆演劇で有名な早乙女太一がルキアと同じ死神役で出ています、大衆演劇で培われた演技力は流石です。


コメント

タイトルとURLをコピーしました