王様とボク・松坂桃季/菅田将暉

邦画
スポンサーリンク

「王様とボク」は2012年9月22日公開された作品でやまだないとの漫画がもとになっています。

この映画は6才の時に事故で昏睡状態になり病院で12年間寝たきりで過ごし目覚めた少年のお話ですが、他にも「8年越しの花嫁」という映画が有ります、こちらは実話がもとになっています。

出演は主役の予備校に通うミキヒコ役にNHKドラマ「梅ちゃん先生」「ツナグ」の松阪桃季、モリオ役に「帝一の國」「火花」「アルキメデスの大戦」の菅田将暉、トモナリ役に相場裕樹、ミキヒコの恋人キエ役に「人間失格・太宰治と3人の女たち」の二階堂ふみ、トモナリの母三井景子役に松田美由紀が出ています。

映画『王様とボク』予告編

あらすじ

幼稚園に通う6歳児のモリオはブランコから落ちたショックで12年間意識が戻らなかったが、意識を回復したというニュースでキエやトモナリが知りミキヒコに知らせます。モリオの母親からトモナリの母親宛に「これ以上、みなさまにモリオのことでご心労をおかけしたくありません。どうかもうモリオのことはお忘れください」と手紙が届きます。

トモナリだけは「いまさら会いたくない」という気持ちですがミキヒコとキエはモリオに会いに行きます。しかし、病院では家族でないため面会を断られます。しばらくしてミキヒコはモリオに会います。

ミキヒコは自分がミキヒコだと言いますが12年歳月が経っていますから大人になっています。モリオは12年寝ていたので頭が混乱しています。

その後モリオは遊び相手を小学生の男の子に求めます、心は6才で止まっているので仕方ありません。

感想

映画の冒頭でミキヒコとモリオとトモナリが遊んでいるシーンがあるので友達同士だとわかるのですが、キエが「自分もモリオと友達である」とハシャイデいるのが分かりません、キエはミキヒコの恋人と言う間柄ですから直接関係ないはずです。

二階堂ふみはキエの役をとても可愛く演じています、最新作の「人間失格・太宰治と3人の女たち」と比べて見るのも面白いと思います。

それと菅田将暉がモリオの役を熱演していますが、頭の中は6才の少年で体だけ18才の少年を演じるのは大変だったと思います。

6才から12年間寝ていて目覚めたということは、やはり小学校、中学校、高校と学校に行っていないのですから社会に対しての適応能力に欠けています。人間はこの間に日本語や算数や歴史や理科や英語や一般常識を学んで適応していきます、やはり12年間タイムカプセルに入っていると社会生活に適応できません。

ミキヒコはすごくモリオのことを考えていますが、やはり自分の生活の基盤をもっと考えるべきと思います。他人のことを考えすぎです、脳が6才で止まっているとやはり知恵遅れの範囲になると思います。 やはりモリオは社会に適応するのは難しいのではないでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました