「ネタバレ」フランス映画・ルーシー / スカーレット・ヨハンソン 主演

フランス映画
スポンサーリンク

「ルーシー」は2014年に公開された作品で監督はリュック・ベッソンのアクション映画である。

出演はルーシー役にスカーレット・ヨハンソン、ノーマン教授役にモーガン・フリーマン、Mr.チャン役にチェ・ミンシク、ピエール・デル・リオ刑事役にアムール・ワケド、キャロライン役にアナリー・ティプトンが出ている。

あらすじ

若いルーシーはリチャードに頼まれ台湾でクスリの運び屋をやる羽目になります。

リチャードは「1000ドルが報酬」と言いますが中身を教えてくれませんでした。

その後、リチャードは銃で撃たれて、ルーシーは韓国人マフィアのチャンのもとで他の男性3人と共にお腹にCPH4というクスリを入れられます。

チャンの部下から4人に「24時間以内に諸君の母国に帰れる、到着したら我々の関係者が諸君から商品を回収する、その後は自由に生活できる。言うまでもないが諸君の中で当局に通報や自首しようなどと考えるものがいたなら家族や親類の命はないものと思いたまえ」と説明が有ります。

ルーシーはマフィアの元を抜け出すと銃を手に入れて、病院に向かい自分のお腹からCPH4を取り出します。

手術が終わるとルーシーは再びチャンのもとを訪れて残りの運び屋3人の場所を聞き出し、ベルリン、パリ、ローマにいることが分かります。

映画『LUCY/ルーシー』予告編

ルーシーはパソコンでノーマン教授を調べ電話します。「研究をすべて読んだ、会ってください。6734ページ、お望みなら暗証しますけど、あなたの理論は初歩的だけど間違ってはいない、私の細胞は驚異的速度で増殖中毎秒数百万も、正確な時間は予測できないけど私は24時間以内に死ぬ、教授の理論は理論を超えた、私は合成されたCPH4を大量に摂取し脳を100%使えるようになる、現在28%教授の理論は正しい20%に到達後は可能性が無限に広がる、障壁は次々に消え自分の脳を完全支配できる、他人の肉体も制御可能磁波や電波も制御できる、痛みは感じない、恐怖も欲望も人間的感情が消えていく、人間らしさが薄れていくにつれてありとあらゆる知識が増える、量子物理学、応用数学、細胞核の無限の可能性、知識が脳の中で炸裂する」と訴えます。

その後、ルーシーはフランスのデル・リオ警部に電話をかけ3人の運び屋を捕まえる事を頼みます。

フランスに着いたルーシーは3人のクスリを手に入れデル・リオ警部と共にノーマン教授を訪ねます。

ルーシーは「電気的インパルスによって細胞同士が会話し膨大な情報を瞬時に伝え合う、細胞が巨大な通信網を構築し物質を作る、細胞が合体しある形を作りゆがみ変形する」と説明し、コンピューターに接続していきます。

感想

この物語の見所は何といってもアクションシーンです。マフィアのチャンたちとの戦いや車が逆走するシーンも出てきます。

クスリをお腹に入れて運ぶ何て現実にはとても考えられません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました