「ネタバレ」映画 イキガミ / 松田翔太、山田孝之、成海璃子

邦画
スポンサーリンク

「イキガミ」は2008年9月27日に公開された作品で間瀬元郎の漫画がもとになっています。

物語は国家繁栄維持法という法律により1000分の1の確率でナノカプセルの薬剤が原因で18才から24才までの若者に区役所に勤務する藤本賢吾が死亡予告証( イキガミ )を配達するお話です。尚、死亡予定者には交通、宿泊、飲食費などの特権が認められており遺族には遺族年金が支払われますが、もしやけを起こし犯罪行為を働いた場合、遺族年金の受給資格が失われます。そしてその量刑に見合う賠償金を被害者に支払わなければなりません。

出演は藤本賢吾役に松田翔太、森尾秀和役に塚本高史、飯塚さくら役に成海璃子、飯塚さとし役に山田孝之、田辺翼役に金井勇太、滝沢直樹役に佐野和真、滝沢和子役に風吹ジュン、滝沢信利役に塩見三省。近藤医師役に井川遥、鴨井洋介役に浅利陽介、下山役に鈴之助、田辺美奈子役にリリィ、ウェイター役にヒロシ、荒井達彦役に山崎裕太、他に柄本明、笹野高史、劇団ひとり、江口のりこが出ている。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

イキガミ

あらすじ

1鴨井陽介はイキガミを受け取ってから高校時代に自分を虐めた下山を捜しだしナイフで殺そうとしますが、死亡予定時刻の午後11時に死んでしまいます。

2田辺翼は家に帰ると母親からイキガミを受け取ります。死亡予定時刻はPM8時。翼は「コマツナ」というグループで森尾秀和と活動していたが、レコード会社のスカウトにより翼だけが荒井達彦と「T-BIRDS」というグループで活動することになります。翼はテレビの生放送中に本来、荒井と歌う曲でない「コマツナ」の持ち歌「みちしるべ」を歌い絶命します。

3現職の国会議員滝沢和子の息子滝沢直樹は引きこもりで藤本賢吾が訪れた時、首つり自殺をしようとしていました、しかし、藤本は直樹を助けてしまい、直樹はその後、警官を殺害し、選挙演説中の母親の前に現れ、警官に撃たれて絶命します。

4飯塚さとしは子供の頃両親を交通事故で亡くし、妹のさくらと孤児院で過ごしました。しかし、さくらだけ交通事故の影響で目が見えなくなり角膜移植のドナーの順番を待っている状態でした。さとしはさくらの担当医師近藤から国家繁栄維持法には角膜ドナー優先の権利が認められていることを教わり自分の角膜の提供を願い出ます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

感想

滝沢直樹が警官を殺害して犯罪行為をしてしまいますが、藤本はちゃんと犯罪をしたら賠償責任が発生するとちゃんと説明したのかと考えてしまいます、そして藤本が直樹の自殺を助けた対象者への過度の干渉が原因で警察官が亡くなったことになります。

飯塚さとしが死亡予告証( イキガミ )の不在票を受け取り、確認の電話をかけます、こんな大事な連絡を宅急便の不在票にみたいに軽く扱ってよいものか思えてきます。

藤本がイキガミを届けるためさくらの病院を訪れた為、さくらにさとしにイキガミが届いた事が分かってしまいます。

そして、さくらの手術の為時間をずらすという( 過度の干渉 )をまたしてしましいます。

国家繁栄維持法によって1000分の1の確率で若者に死が訪れる事は絶対に暴動がおこるのではないでしょうか。

最後に脇を固める俳優ですが、藤本賢吾の同僚役で劇団ひとりが登場しています。彼女が国家繁栄維持法によって命を奪われて、「こんな法律は間違っている」と言って批判して重要な役を演じています。

そして、歌手のりりぃが翼の母田辺美奈子役で出ていて、美奈子が森尾に「翼の最後の晴れ姿を見てやって」と頼むシーンが涙を誘います。

3人目の脇役として芸人ヒロシがウェイター役で出ています。翼がレストランで「高い料理からドンドン持ってきて」と言うと「ご予算の方は」と確認すると翼が「イケガミ」を見せ「失礼しました」と言う短いシーンですが、大事な役で出演しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました