映画・きみにしか聞こえない / 成海璃子、小出恵介 主演

邦画
スポンサーリンク

「きみにしか聞こえない」は2007年6月16日に公開された作品で乙一の小説がもとになっています。

出演は相原リヨウ役に成海璃子、野崎シンヤ役に小出恵介、原田リヨウ役に片瀬那奈、他に高田延彦、中野英雄、古手川祐子、岩城滉一、八千草薫が出ている。

あらすじ

横浜の女子高生相原リヨウは友達が無く、いつもひとりで過ごしています。ある日、公園で携帯電話を拾います。

相原は学校で野崎シンヤという青年から電話がかかってきます。野崎は「壊れた携帯電話で適当に番号を入力したら繋がった」と話します。

野崎は長野のリサイクルショップで働いていていますが、耳が聞こえません。最初は携帯電話でやりとりをしていましたが、電話を使わずに話すようになっていきます。「頭の携帯」と呼んでいます。

相原はピアノ教師をしている原田リヨウとも「頭の携帯」で話すようになり、原田に野崎のことで相談します。

相原は野崎が想像の世界の人に思え、「今話していることは全部現実ではない」と思えて、野崎は「一緒にコンビニエンスストアに行って本をお互いに見ること」を提案します。

相原は野崎が実際にいる人間と納得しましたが、相原と野崎の間には何故か一時間の時間のズレが生じていました。

野崎が仕事で東京くることになり相原は会う約束をします。野崎が待ち合わせ場所に着いた時相原が車に轢かれそうになるところをかばい野崎が代わりに轢かれ亡くなります。

感想

相原は何か話そうとすると緊張してどもって、声がカスレテ裏返って笑われる、だから野崎とつながることができたのでしょうか、しかし、原田は普通の女性に思われますが、こんなテレパシー能力が有ったら素晴らしい。

相原が野崎に会う直前原田と話すのですが、原田は「これだけは覚えておいて、あなたなら乗り越えられる、これからどんなことが有っても、あなたなら大丈夫」と言います。原田はテレパシーだけでなく予知能力ももっているのでしょうか。

耳が聞こえないということは本当に危険である事が分かります。もし野崎が健常者だったら交通事故に遭わずにすんだと思えてなりません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました