ドラマ・死役所 / 松岡昌宏 主演

邦画
スポンサーリンク

「死役所」は2019年10月17日から12月19日までテレビ東京系列で放送された作品であずみきしの漫画がもとになっています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

自殺、他殺、病死、事故死、・・・・すべての死者が訪れる。

罪無きものは、天国へ、罪深き者は、地獄へ

此岸と彼岸の境界に存在する、

その場所は「死役所」

「死役所」には「自殺課」、「他殺課」、「生活事故死課」、「死産課」、「病死課」、「交通事故死課」、「老衰死課」、「死刑課」などが有る。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

  • 成仏に関する条例

死亡日より49日間とする

期間内に手続きをしない場合

死者は冥途の道を彷徨うものとする

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

出演は総合案内シ村役に松岡昌宏、自殺課ニシ川役に松本まりか、生活事故死課ハヤシ役に

清原翔、他殺課イシ間役にでんでん、死産課シン宮役に余貴美子、三樹ミチル役に黒島結菜、鹿野太一役に織山尚大、荻野泉水役に酒井若菜、荻野貴宏役に野間口徹、坂浦眞澄役に三浦貴大、伊達夏加役に豊嶋花、智也役に山井飛翔、樋田まりあ役に岡野真也、高関一文役に

な大毅、佐尾高慈役に中島歩、石間ミチ役に田鍋梨々花、小野田凛役に佐々木みゆ、小野田瞳役に前田亜季、寺井修斗役に柄本時生、市村幸子役に安達祐実、市村美幸役に松本笑花が出ている。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

第一話 自殺ですね?

鹿野太一は同級生からのイジメでマンションから飛び降り自殺をして14年7ヶ月14日の生涯に幕を閉じました。太一は総合案内のシ村から「自殺申請書」と「成仏許可申請書」を依頼されます。「自殺申請書」から「裸の写真を撮られた」「親のお金を盗まされた」「虫を食べさせられた」事が分かります。

感想

太一をイジメた牛尾が太一の父親に殺されて登場し、牛尾が太一に「マジで殺してやる」と言って殴ると、シ村が「2人ともすでに死んでおりますので殺すことが不可能です、痛みも感じません」と言う所が面白い。

シ村の口癖「お客様は仏様です」「聞かれませんでしたので」がよく登場します。

第二話 母

萩野泉水の子供「おチビちゃん」は38週と2日、母親の胎内で死亡しました。荻野は不妊治療を受けていてやっと授かった子供でした

感想

荻野は病院で出会った少女から「赤ちゃんはどうしたの」と聞かれ「いなくなった、おばちゃんが悪いんだ、赤ちゃんに辛い思いさせた」と言うと少女は「赤ちゃんはまだいるよ、ありがとうと言っている、楽しかったって」と言います。小さい子供は大人が見えない者が見えるのでしょうか、素敵なシーンです。

第三話 人を殺す理由

食堂を経営する坂浦は店の従業員原島憲治に殺されます。原島は12年前にも坂浦の父親を殺しています。

感想

坂浦は「どうにかしてくれよ、早く元に戻せ、もうすぐガキが生まれる、死んでいる場合ではない」と騒いでいます。自分死んだことに気づいていません。人は急に亡くなると心の準備が出来ていません。

自殺課のニシ川が「時給0円24時間無給、福利厚生無しの好待遇よ」と話すシーンが笑えます。

第四話 初デート

中学生の伊達夏加は智也との初デートをしていて自動車事故により亡くなります。

20才の三樹ミチルは急性アルコール中毒により死亡します。

感想

シ村は「その方は一生、伊達さんとの最初で最後のデートを忘れることが出来ないと思いますよ、それだけ強い思い出になったということです、姿はどうであれ誰かの心に残り続けるならそれは喜ばしいことかもしれませんね」と言い、伊達はシ村を殴ります。女性に対して無神経ではないでしょうか。

第五話 林晴也

林晴也は幼なじみのまりあと結婚して娘が生まれるが、仕事の同僚浅井が「まりあといっしょになりたいから別れてくれ、娘も林の子ではなく浅井の子である」と告げます。

逆上した林は3人を次々と殺して死刑になります。

感想

林は高校の時、まりあが虐められていたので、同級生にけがをさせ退学になっています。そこまで深い愛情で結ばれていたのに、逆に妻に裏切られとてもかわいそうです。

第六話 カニの生き方

佐尾高慈は高関一文と「カニすべからく」という漫才コンビで活動していましたが、家族性アデノシンアクサディシャンという遺伝性の病気で亡くなります。

第七話 石間徳治

石間徳治は戦災で両親を亡くした姪のミチと住んでいました、石間はミチを乱暴した少年2人を殺して死刑になります。

ミチは結婚して子供にも恵まれ老衰死課を訪れ、石間と再会します。

第八話 あしたのわたし

保育園児の小野田凛は母親の育児放棄によりベランダで凍死します。凛は日頃から母親から虐待を受けていて保育園では家庭訪問をしていましたが、救う事ができませんでした。

感想

凛はイシ間から「基本的に悪い事をしていなければ天国行き」と聞かされるが、「いつも、お母さんを怒らせていたから天国に行けないかも、凛が悪いの」と母親をかばうところがとても可愛い。

凛の母親は子供死んでいるのにお荷物が減ったと喜んで恋人に結婚をせまります、考えられない親です。

第九話 加護の会

新興宗教「加護の会」信者寺井修斗は交通事故で亡くなります。

第十話 お気を付けて

シ村は娘の美幸を殺したという冤罪で死刑になります。

感想

シ村は妻の幸子が「加護の会」に行ったきり戻って来ないので押しかけますが取り会ってくれません、「オーム真理教」も信者が戻らず問題になりましたが、ドラマは10話しかなく、中途半端ですので、シ村が果たして幸子を連れ戻せるか気になります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました