韓国映画・目撃者 / イ・ソンミン主演

韓流
スポンサーリンク

「目撃者」は2018年韓国で大ヒットしたサスペンス映画です。

出演は会社員サンフン役にイ・ソンミン、サンフンの妻スジン役にチン・ギョン、ソン・テホ役にクァク・シャン、チャン刑事役にキム・サンホが出ている。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

下の画像をクリックすると映画.comます。

あらすじ

物語は若い女性が車のトランクに入れられ、犯人から逃げてマンションの前で殺されます。

犯人の特徴は帽子をかぶった若い男性で、犯行時刻は午前2時で女子学生が悲鳴を聞いていました。後に殺された女性はユン・ヒィオンで警察に連絡していて4時まで生きていた事が分かります。

会社員のサンフンも同僚とお酒を飲んで帰宅した時に女性の悲鳴を聞きます。

チャン刑事は犯行時間に3人起きていた事を突き止めます。

606号室のサンフンと405号室のチェ・ソヨンと知恵遅れのチョ・ピルクです。

事件の後、テレビのニュースでパク・サンテが犯人でストーカー行為をしていたが青酸カリで死亡していると報じます。

しかし、ニュースを見たソヨンは「犯人は別人である」と訴えに来ますがサンフンは「知りません」と言って相手にしません。

その後ソヨンは犯人に殺され、その現場をサンフンは目撃します。

チャン刑事は盗難車から犯人をソン・テホである事を突き止めます。ソン・テホの魔の手がチョ・ピルクを襲い、サンフンに迫っていきます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

感想

最初にサンフンがソヨンに会った時「助け合いましょう」と言いながら、ソヨンが2度目に訪ねて来て助けを求めたのに「知らない」と言って相手にしません。サンフンは幼稚園児のウンジという娘がいて家族を守りたい気持ちの為です。

ソヨンが殺されていなくなり、夫がビラを貼っていると夫人会長は「マンションの前で人が殺されていて悪い評判がたつから」と言って咎めます。

かりにも人が失踪しているのですからこの行為は身勝手です。マンションの資産価値が下がるという理由でこのマンションの住人は捜査に協力していません。

犯行がいくら夜中の2時から4時に行われたとしてもこれだけでかいマンションならもっと悲鳴を聞いている人が居た筈です、なぜ助けなかったのか不思議でなりません。今回はマンションの前で犯行が行われましたが、マンションとか公園とか繁華街に防犯カメラの設置を進めたら犯罪の抑止効果が期待できるのではないでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました