映画・ミックス / 新垣結衣、瑛太 主演

邦画
スポンサーリンク

「ミックス」は2017年10月21日に公開された作品で、卓球を軸にしたロマンティック・コメディーです。そして「ミックス」とは混合ダブルスの意味である。

「ミックス。」予告

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

出演は28才のOL富田多満子役に新垣結衣、多満子の母富田華子役に真木よう子、多満子の父富田達郎役に小日向文世、萩原久役に瑛太、吉岡弥生役に広末涼子、佐々木優馬役に佐野勇斗、落合元信役に遠藤憲一、元信の妻落合美佳役に田中美佐子、江島晃彦役に瀬戸康史、小笠原愛莉役に永野芽郁、他に鈴木福、吉田剛太郎、仲村アン、生瀬勝久、蒼井優、山口紗弥加、トレンディエンジェルの斎藤司が出ている。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

あらすじ

小学生の頃、猛烈なスパルタ教育を母親から受けた卓球少女の富田多満子は「渚テクノロジー」庶務課のOLで「渚テクノロジー」卓球部に所属するイケメン社員江島晃彦が現れ交際することになります。

しかし、江島と卓球でコンビを組む小笠原愛莉が現れ、あっけなく多満子は江島を失います。

恋に破れた多満子は会社に辞表を出し、実家に帰り、工場で働き始めます。

そして、子供の頃一緒に卓球をした吉岡弥生、元プロボクサー萩原久、不登校の高校生佐々木優馬、プチトマト農園を経営する落合元信、その妻美佳の6人で母が残した「フラワー卓球クラブ」を復活させます。クラブの経営が苦しい為、全日本卓球選手権に出場する事を提案します。そしてエントリーは男女混合ダブルスの「ミックス」に絞る事を決めます。

今回の試合は3組とも負けましたが来年に向けて練習に励みます。

対策

  • 多満子のコンビ萩原が左、多満子が右で組む事に変更します。
  • 「岩田卓球道場」の中学生との対戦
  • 「卓球教室モンロー」のニューハーフとの対戦
  • 「中華料理店楊楊苑」の張、楊との対戦

再度全日本卓球選手権に出場して江島と決勝戦で対戦します。

感想

江島は多満子と付き合うようになり、部屋の鍵を多満子に渡すのですが、多満子が江島の部屋でケーキを作って待っているところに、小笠原を招き入れ裏切ります。多満子の事を愛していないのであれば部屋の鍵を渡すべきでないと思います。小笠原と付き合うのであれば多満子と別れてからにすべきではないでしょうか。

多満子が江島と別れてお酒を大量に飲み電車で元プロボクサーの萩原に吐いてしまいます。電車は同じ車両でしたが、多満子と萩原は距離を離れて座っていたのに何故か多満子が近づいて行き吐いてしまいます。ここはとても笑えるシーンです。

多満子は母の華子のことを「鬼」と表現して、嫌がる多満子に対して強引に卓球をやらせていました。そして3位になった多満子に「あんな格下に負けて恥ずかしくないのか、負け犬」と凄い剣幕で怒っています。多満子が中学生の時華子が死ぬのですが、「やめていいよ卓球、普通の暮らし、平凡な人生こそが一番の幸せよ」と言った後に「ほんとは続けて欲しい」と言うシーンも面白い。

萩原が多満子にゲロを吐いたので、「卓球でもし自分が勝ったらクリーニング代を払え」と言い挑戦し簡単に萩原が負けてしまうシーンがとても面白い。ここで、多満子の実力が証明されました。

落合元信は多満子に「自分は通算成績が0勝35敗で負けても全く悔しくない」と言っていますが、勝負事をする以上勝とうという向上心がないといけません。

中華料理店の楊役の蒼井優の中国人の役が見所です、「中国ナショナルチームの強化選手から脱落したから生きてる勝ちないです」と言いながら多満子たちに勝ってしまいます。

多満子たちが対戦する神奈川県警の山下と佐藤のコンビですが、最初山下が巡査長、佐藤が巡査でしたが、二度目の対戦の時佐藤が巡査部長になっていて、立場が逆転していて面白いシーンです。

この物語は多満子と江島の恋を描いていますが、それよりも卓球の選手の型が出てきて勉強になります。

  • 右ペン表前陣速攻型
  • 右シェーク裏裏ドライブ攻撃型
  • 左シェーク裏裏ドライブ攻撃型
  • 右シェーク裏粒異質型
  • 右シェーク裏表前陣速攻型
  • 左シェーク裏裏ドライブ攻撃型
  • 右ペン裏裏ドライブ攻撃型
  • 右シェーク裏表ドライブ攻撃型
  • 右シェーク裏粒カット主戦型

コメント

タイトルとURLをコピーしました