映画・閉鎖病棟 / 笑福亭鶴瓶、小松菜奈、綾野剛 

邦画
スポンサーリンク

「閉鎖病棟」は2019年11月1日に公開された作品では帚木蓬生の小説がもとになっています。

出演は梶木秀丸役に笑福亭鶴瓶、塚本中弥役に綾野剛、島崎由紀役に「来る」「ジョジョの奇妙な冒険・ダイアモンドは砕けない」「恋は雨上がりのように」の小松菜奈、石田サチエ役に木野花、井浪看護師役に小林聡美、大谷医師役に高橋和也、他にベンガル、根岸季衣、が出ている。

『閉鎖病棟―それぞれの朝―』メイキング映像

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

あらすじ

前半

この物語は「六王寺病院」という精神科の病院に入院している梶木秀丸、塚本中弥、島崎由紀の3人を中心に描かれています。

梶木秀丸は自分が出かけている最中に男と浮気をした妻と自分の親を殺した死刑囚でしたが、死刑が執行されても命があったので、精神科の病院をたらい回しにされた末に「六王寺病院」にやってきました。

塚本中弥は幻聴の影響で「六王寺病院」に来たが、母親と妹夫婦がいるが妹夫婦はボケが進んだ母親を施設に入れたがっています。

島崎由紀は母親と母親の再婚相手と暮らしていたが、母親の再婚相手に無理矢理強姦されて妊娠して「六王寺病院」に来たが、来てすぐに飛び降り自殺を図り子供は流れてしまいま

す。

後半

平和な筈の精神病院で事件が起こります。由紀が同じ精神病院の重宗という男に乱暴され、それを知った中弥は秀丸に話し、秀丸は重宗を殺してしまいます。

秀丸は警察に連行され、裁判が開かれることになります。そこに承認として由紀が現れ、「悔しかった、にくかった、あの男を殺したかった。でも出来なかった。秀丸さんは私の代わりにそこに座っています。あの男がそのままでしたらとても私は生きていられませんでした。秀丸さんに生きて欲しい、毎日刑務所に会いに来ます。」と訴えます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

感想

「六王寺病院」にいる石田サチエが子供に会いに行くと嘘をついて出かけてなくなっていますが、果たして自殺なのか事故死なのか分かりません。精神病院はほとんど頭がおかしい人ですが、中には手旗信号で「イエニカエリタイ」と訴えている人もいてほとんど正気の人もいるかもしれません。

主演の笑福亭鶴瓶、綾野剛、小松菜奈の演技がすばらしい。笑福亭鶴瓶は死刑囚という難しい役どころをよく演じています。小松菜奈は今後も作品に期待します。

今回精神病院という設定で中々、一般の人間は中の事が分かりませんがよく描かれていると思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました