響・HIBIKI/平手友梨奈主演

邦画
スポンサーリンク

2018年9月14日公開の作品。原作は「マンガ大賞2017」大賞を受賞した柳本光春の作品「 響 小説家になる方法 」。

配役は主役の高校生の鮎喰響役にアイドルグループ欅坂46でセンターを務める愛知県出身の平手友梨奈が演じている。

欅坂46の1stシングル「サイレントマジョリティー」は大ヒットしている。

響が作品を送った文芸誌木蓮の編集者の花井ふみ役にモデル出身のタレントのDAIGOの妻の北川景子が演じている.

響が入る文芸部の部長祖父江凛夏役にモデル出身のアヤカ ウィルソン。 響と同じモクレン新人賞を受賞した田中康平役を柳楽優弥。 芥川賞を狙う作家山本春平役に小栗旬。 木蓮の編集長神田正則役に高島政伸。 響の幼なじみの椿涼太郎役に板垣瑞生。 凛夏の父親祖父江秋人役に吉田栄作。

現代社会はスマートフォン、SNSはドンドン普及して活字に接することが減っている現状で街の本屋が潰れていく出版不況の状態である。

響の作品が花井ふみの目にとまります、最初響の作品は破棄されるはずでしたが、ふみが見つけて原稿を読んでゆきます、ふみは「私はこの人の作品を世に出す為に編集者になったのかもしれません」と言い目を輝かします。

芸能界でも作家の世界でも誰かに出会うことによって道が開けるということが起こっていきます、人と人との出会いが重要です。

響が部活に入るため文芸部に入部を希望し部室にはいるのですが、先輩の男子生徒に入部を断られるのですが、男子生徒が「二度も言わせるな消えろ」と言うと響は「二度も言わせないで入部希望よ」と言い一歩も退きません。

男子生徒は「なめているのか、殺すぞ」と言うと男子生徒の指を折り、「私は殺すと言われたから殺されないようにしただけ」と冷静に答えます。

まず、このシーンが最高に笑えました。 再度、文芸部に入り部長の凛夏と話します、凛夏は本の並べかたを響に質問します。

響は「右 が面白い小説、左がゴミ」と答えます。一冊の本の置く位置でふたりは張り合います。凛夏が右に置くと響が左に置き、何度も位置を変えます、笑えます。自分の意見を曲げません、生き方を絶対曲げません。

人間長いものにはまかれろという諺があるが彼女には絶対にできません、こういう生き方は敵を作ることになるのですが、逆にこういう生き方が出来る人は素晴らしいと思います。

映画『響 -HIBIKI-』予告

辞めた先輩に対して「入部して」と平然と言いますが断られ逆に「慰謝料を出せ」とせまられます。しかし、響は「私はあなたに売られたケンカを買ったと思っている、ケンカでケガしたから治療費をだせなんて男らしくない」と冷静に答えます、本当に怖いものがないのでしょうかと再度思いました。

先輩をせっかく追い出したのになぜ他の生徒ではなくケンカをした先輩に入部を頼むのか分かりません 先輩は「ケンカのおとしまえに金を出せは男らしくないから屋上から落ちろ」と言い、響は後ろを向いて飛び降りてしまいます、落ちた所に木があったからタマタマ助かったのですが、「ビックリした」と言っただけで平気な感じで歩いて行きます、考えられません。

先輩はあっけにとられ、再入部を受け入れます。このシーンも笑えます。 響は木蓮の編集部に電話かけて、花井ふみと話すことになります。

響は電話を切ってしまい連絡がとれなくなってしまうのですが、凛夏の家でふみと実際に会うことになります。出来過ぎていると思います。映画だからといえばそれまでですが。

響と凛夏がふみに会いに編集部にいくのですが、凛夏をバカにした小説家の男性に響は蹴りをいれてしまいます。

こんな女の子が本当にいるのでしょうか、一緒にいたら楽しいでしょうがハラハラドキドキの人生だと思います。

響が新人賞を受賞して式に参加することになるのですが、衣装が面白い、まるで秋葉原のメイド喫茶の店員さんのような衣装で登場して笑わせます。

さらに響は式で一緒に新人賞を受賞した田中康平を椅子で殴ってしまいます。ふみは「二度とこんなことをしないと約束して」と懇願しますが、人間はそんなに簡単には変わりません。

凛夏の小説を「面白くない」と正直に言って殴り合います。 響はお世辞を言いません、自分の心に正直に生きています。この生き方は敵を作ることになると思います。時には自分の気持ちを抑えて相手をたてることが必要だと思います。

世の中は自分だけで生きているのでない、自分中心で回っているのでないことを勉強するべきだと思いました。いくら才能があっても人間として出来てないとダメです。 この映画は響を通してそれを言いたいのだと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました