百万長者の初恋/ヒョンビン主演

韓流
スポンサーリンク

2006年2月9日に韓国で公開された作品である。

財閥の御曹司カン・ジェギョン役に「アイルランド」「私の名前はキム・サムスン」「雪の女王」のヒョンビン、肥大性心筋症という難病のチェ・ウナン役に「海神」「復活」のイ・ヨニ、ジェギョンのユジン役として「雪の女王」のイム・ジュファンが出演している。



韓国のお話は何故か財閥の御曹司と病に侵されたヒロインの物語が多く、今回もその王道の映画である。


ヒョンビンを大好きな女性ファンにお薦めです、お話しの構成が違いますが「雪の女王」に似ています、「雪の女王」財閥の娘で病に侵されたヒロインに対し、「百万長者の初恋」は主人公が財閥の御曹司で相手役のヒロインが病に侵されています。



  ジェギョンは子供の頃両親を交通事故で無くしています。

祖父が亡くなり莫大な遺産を相続するには「ポラム高校」を卒業する事が条件で自主退学の場合相続金は社会に還元し、すべての権利を放棄した場合0,1パーセントのみ貰えることが分かります。



しかし、ジェギョンは「自主退学ではなく退学」できないか考えます。

ジェギョンは高校3年生なのに、ケンカが好きで、酒を飲み、タバコを吸い、学校の教室の前までバイクで行くという行動をとる学生です。



韓国の法律は分かりませんが、高校生がタバコを吸いお酒を飲み車を運転しても良いのでしょうか、どう見ても大人のとる行動ですが、ジェギョンは学校でもタバコを吸っています。


家にお金があるからといって五つ星のホテルに住んでいる「何てやりたい放題なことが出来るのだろう」という感じです。


最初ジェギョンが車でホテルに帰って来て、朝目が覚めたら年上の女友達が「一緒に寝たい」と言ってベッドに横になっています、お金があり二枚目の男ですから女性の方から来るのです。誠に羨ましいです。



祖父である会長の秘書からクレジットカードを使えなくされ、車もバイクもヨットもペントハウスもゴルフ会員権も使えなくなります。

現代社会はクレジットカードが普及しクレジットカードしか持たずに出歩いている人が多いです、もしこのようにクレジットカードが使えなくなってしまうと困るのでクレジットカードはどうしてもと言う時だけにしたほうがよいのではないでしょうか?



そしてジェギョンは「ポラム高校」にバスで向かいます。この時のバスに乗っている風景が笑えます。 幾ら田舎だといえバスの中に鶏がいました。日本では考えられない光景です。



今度ジェギョ。ンが住むことになった家は子供の頃居た事があるみたいです。

本当に田舎で家の中までカエルが入ってきます。



ジェギョンが教室に入って来て国語の授業が自習であることが分かります。この理由が笑えます、「先生の家の牛が出産」だそうです。韓国の田舎では先生と酪農と兼業でしょうか? 日本でも田舎では農業と他の仕事の兼業はあるみたいですが。



ジェギョンは転校して間もないのに、「ミョンシク」という同級生を屋上に呼び出し、みんなの前で殴ります、これは何とか退学になろうとしてとった行動です。



しかしジェギョンの考えた通りに行きません、ミョンシクはその後自分の自宅にジェギョンを連れて行き家族に会わせます。



ジェギョンは「診断書をもらって学校に抗議してください」と言いますが、 ミョンシクの父親は「男はケンカして育つものだ」「殴られたからといってスネルナ」と言い食事をして帰れと言い逆にもてなされます。


田舎の心の温かさに触れた感じです、ジェギョンはあっけにとられて帰ります。変える時お土産までもらっています。ケンカをして嫌われるつもりが仲良しになっていきます。



ジェギョンは「あの家は天使か」と言うシーンが素敵です。 田舎というところは助け合って生きています、日本でもそういうところはあるのではないでしょうか、逆に助け合わないと村八分になります .



ジェギョンが無断欠席をしているのでクラスの仲間が見舞いに訪れます、やはり田舎ならではの光景です、思いやりを持つ心を持たせる為にこの高校を卒業するように指示したのだと思います。ジェギョンはクラス仲間が演劇を練習しているのに何とか欠席できるように怪我を装うとウナンは「自分勝手で卑劣な奴」と言い放ちます。



お話が進んでいき今まで元気だったウナンが肥大性心筋症であることが分かります。



医者が「この病気は驚いても起こってもいけないそれ以上に怖いのが愛だ胸がいっぱいになりときめいたりしたら心臓が止まってしまう」と言います。
ここからふたりの愛のシーンが続きます。こんな病気があることをはじめて知りました。愛がいちばん病気に悪いなんて!



ウナンは死が近づいているので何度も自分を捨てた母親に会いに行きます。「もうすぐ天国に行くから許してあげる」と言います。感動のシーンです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました