篠原涼子主演 / 人魚の眠る家

邦画
スポンサーリンク

2018年11月16日に公開された作品で、東野圭吾の小説の映画化である。

出演は夫の浮気で離婚を考えている瑞穂と生人の母播磨薫子役に篠原涼子、薫子の夫でIT機器メーカーハリマテクス社長播磨和昌役に西島秀俊、6才の時にプールで事故に遭い心臓は動くが植物人間状態になる瑞穂役に稲垣来泉、瑞穂の2才下の弟生人役に斎藤汰鷹、障害者をサポートする最先端技術を研究するハリマテクスの社員星野裕也役に坂口健太郎、星野の恋人で動物病院に勤める川嶋真緒役に川栄李奈、薫子の妹美晴役に山口沙弥加、薫子と美晴の母親千鶴子役に松坂慶子、美晴の娘で瑞穂の従妹の若葉役に荒川梨杏が演じている。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この物語は「脳死」というとても重いテーマの作品である。息はしているが意識がなくただただ眠り続けます。

「8年越しの花嫁」は意識を戻しましたが、「心臓は動いていても脳は動いていない状態」これは家族にとってとてもつらい状態です。

薫子は瑞穂を在宅看護する事に切り替えますが、これはとても大変な事です、自分で何も出来ないので24時間完全看護をしなければなりません。冬とか温度差もきにしないといけません。少しの風邪も命取りになりかねません。

この薫子和昌夫婦のように心臓は動いているのだから必ず瑞穂はいつか目を覚ますと信じるべきか世の中に問いかける作品だと思います。

やはり自分の子供だったら「医者から脳は死んでいますから臓器提供をお願いいたします」といわれて分かりましたとすぐに答える親はまずいないと思います。

薫子は夫の浮気で瑞穂の受験がおわったら離婚を考えていましたが、瑞穂がプールで事故に遭い脳死状態になり、働けなくなり離婚せずに瑞穂の世話することになります。

この事故は従妹の若葉がプールで落とした指輪を取ろうとして指が排水溝に抜けなくなり代わりに瑞穂が犠牲になりました。

子供は大人では考えられない行動をとります。小学校に上がる前の6才ならなおさらありえます。

もし瑞穂が泳げなくプールが嫌いな女の子だったら、自分勝手で若葉の為に指輪を取りに行かなかったら助かったのにと思えてなりません。

プールには祖母の千鶴子だけが一緒で薫子は一緒でありませんでした。

この日は瑞穂の受験対策教室に夫婦で出かけていて事故の連絡が入ります。

やはり水の事故を考えれば薫子が一緒であれば違ったと思います。

子供が健康であってこその受験です。

映画『人魚の眠る家』予告編 第2弾

瑞穂が薫子に「お母さん、ここ連れてってあげる、昨日見つけたすごく綺麗だよ」と自分の描いた絵を見せるシーンが泣けてきます。

物語の最後に家族で意識のない瑞穂を連れて瑞穂が描いた絵のシーンを訪れ、ここが瑞穂が連れて来たかった場所であると思いだします。

薫子は「以前瑞穂が四つ葉のクローバを見つけてそれを見つけたら幸せになれる」と聞いても瑞穂は「幸せだから大丈夫、誰かの為に残して置く」と言います。

何て素敵な心を持っている子なんだろう。ここでも泣けてきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました