菅田将暉主演 / 帝一の國

邦画
スポンサーリンク

2017年4月29日公開された作品である。

この作品は古谷兎丸の漫画の実写映画である。

海帝中学時代は生徒会長で海帝高校にトップで入学して一年一組のルーム長の赤場帝一役に菅田将暉、海帝中学時代は生徒会副会長で一年一組の副ルーム長の榊原光明役に志尊淳、一年六組のルーム長で苦学生の大鷹弾役に竹内涼真、一年二組のルーム長の東郷菊馬役に野村周平、堂山生徒会長の幼なじみで二年六組のルーム長の森園億人役に千葉雄大、二年三組ルーム長役氷室ローランド役に間宮祥太郎、生徒会長堂山圭吾役に木村了、帝一の父で通産省官僚の赤場譲介役に吉田剛太郎、帝一の幼なじみ白鳥美美子役に永野芽郁が演じている。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

物語は総理大臣になる為海帝高校に入り生徒会長を目指す赤場帝一のお話しである。「歴代生徒会長によって作られた政界の最大派閥海帝生徒会長会に入ることが総理大臣になるには一番の近道であり、生徒会長になると東大への推薦入学が貰える。」と冒頭で話しています。

小学校の頃帝一は東郷菊馬にいじめられます。ここで幼なじみの白鳥美美子が助けようとして菊間に蹴りを入れます、このシーンが面白い。

「ちょっとはやり返したら」と美美子が言うと「争うのは嫌いだ」と帝一は言います。

「帝一の國」予告

帝一はこの頃母親の影響でピアノに夢中でした。しかし、父赤場譲介の影響で海帝高校生徒会長になる事を決めます。

「自分の国を作る」事の重要性を教わります。

譲介は帝一に「東郷菊馬には死んでも負けるな」と言います、これは若い頃自分が菊間の父親の東郷卯三郎に負けた事が原因である。

唯一の微笑ましいシーンは帝一が美美子と糸電話で話すシーンです。今時小学生でもしません。帝一は盗聴が心配だからと言いますが、笑えます。話の内容が学校の生徒会での話ばかりで若い男女の話ではなく、だんだん美美子はつまらない表情をして行きます。

帝一と光明は仲が良くトイレに行くのも一緒です。光明は手先が器用で帝一の為に盗聴器を使って情報を収集します。

海帝高校の生徒の中でお金持ちの息子でなく苦学生でバイトに明け暮れる外部生の大鷹弾が一年六組ルーム長として登場します。

弾は帝一が菊間の罠にはまるところを助けます。

帝一は弾が外部生として優秀な成績で入学したので弾と同じ試験で勝ちたいと張り合います。「試験科目によって勝った、負けた」と一喜一憂するシーンがとても面白い。

いくら負けず嫌いとはいえここまでする必要があるのでしょうか。

帝一は会長になる為有力な派閥に入ることが重要であると考え2年ルーム長の氷室ローランドの犬なる事を決めたが、氷室が生徒会長になる為に各部をまわり「」来年度の予算をアップする」とお金で解決しようとしたり、父親の譲介が氷室の父親とは犬猿の中であることや、氷室の考えが「雑巾のようにこき使って捨てるつもりでいること」が分かり、「僕は修羅の道を行く」と言い森園の派閥に寝返ります。

帝一は氷室がお金をばらまいているのを譲介に話すと「お前は実弾の恐ろしさを知らない」と言い江戸時代末期の官軍の錦の御旗の事を話します。

「森園派が官軍であり氷室は賊軍であるとの印象をつけなさい」と譲介は話します。

「お金を受け取った人はきっと心にやましい思いを抱えて居る筈」と美美子にも言われます。

生徒会長には多くの氷室は派が寝返り森園が勝ちます。

帝一はこの選挙で学んだ事は「人望こそが一番の武器」である事に気づきます。

この映画は漫画の内容でとても考えられない事が出てきます、生徒会に対してこんなにも高校生が熱くなれるものでしょうか。 菅田将暉と千葉雄大と竹内涼真の演技が素晴らしと思います。ヒロインの永野芽郁の登場場面が少なかったのが残念です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました