映画・サムライせんせい / 市原隼人 主演

邦画
スポンサーリンク

「サムライせんせい」は2018年11月16日に公開された作品で黒江S介の漫画がもとになっています。

この物語は幕末の武士武市半平太が150年後の現代にタイムスリップするお話です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

出演は武市半平太役に市原隼人、楢崎梅太郎(坂本龍馬)役に忍成修吾、吉田東洋役に蛍雪二郎、武市富役に奥菜恵、佐伯役に橋爪功、佐伯の孫佐伯寅之助役に押田岳、サチコ役に武イリヤが出ている。

あらすじ

牢屋に入れられていた武市半平太が何故か文久の時代から平成の高知県に移動してしまいます。半平太は学習塾を経営する佐伯に助けられます。

佐伯は年表を出して「半平太が150年後の未来に来ている」と説明します。

そして、半平太は元の世界に戻れるまで佐伯の依頼で先生をすることになります。

授業の内容は3本の矢を用いた道徳教育を話していきます。

ある日、半平太を訪ねて楢崎梅太郎が東京からやってきます。楢崎は坂本龍馬で6年前に今の時代にやってきました。

半平太は楢崎から「君主に対する不敬罪で切腹になった」と聞かされ、石碑を見せられます。

そして、「妻の富が87才の天寿を全うした事」を知ります。

最後に、半平太は交通事故がきっかけで元の時代に戻る事が出来ます。

感想

この塾を見ているとまるで江戸時代の寺子屋みたいで現代の小学生をサムライが教えるのは無理があるように思えます、現代は国語、算数、理科、社会など教える教科が多く映画を見ていると道徳教育の面しか教えることが出来ません。

半平太はサムライの格好ですのでどうしても目立ってしまいます。やはり、現代のヘアスタイルと服装に変えて違和感を無くすべきです。サムライの格好で街を歩くとやはりニュースになるのではないでしょうか。

半平太が15人の不良相手と闘うシーンが見ものです。「たった15人、武市半平太を倒すのにたった15人とはみくびられたもんや」と次々と倒していきます。

映画『サムライせんせい』新予告編

コメント

タイトルとURLをコピーしました