石原さとみ主演 / 映画・貞子3D

邦画
スポンサーリンク

「貞子3D」は2012年5月12日に公開された作品で鈴木光司原作「エス」がもとになっています。

キャッチコピーは「Sの復活」でSは貞子を指しています。

出演は女子高の教師鮎川茜役に「」石原さとみ、少女時代の鮎川茜役に「サクラダリセット」「ソロモンの偽証」の平祐奈、茜の恋人安藤孝則役に「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーのマネジメントを読んだら」「ナラタージュ」の瀬戸康史、貞子役に「ツナグ」「バースデーカード」の橋本愛、茜の生徒北山理沙役に高良光莉、同じく茜の生徒森崎典子役に「神様の言うとおり」の喜多陽子、ニコニコ動画配信者柏田清司役に山本裕典、孝則の同僚榎木役に「3月のライオン」の染谷将太が出ています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

映画『貞子3D』予告編

あらすじ

前半

鮎川茜が勤務する女子高で「見ると死ぬ呪いの動画」を見て森崎典子が自殺します。森崎が自殺した翌日刑事が茜のもとに事情を聞きに訪れます。

刑事はニコニコ動画配信者柏田を突き止めます。

森崎が自殺したあと北山理沙が貞子に捕まりそうになったところを茜に助けられます。

中半

茜が「髪の長い女性が襲ってくる」と言うと刑事は「まず、その動画を見せてくれ」と言って信用しませんでしたが、動画を見た刑事はその後自殺してしまいます。

ニコニコ動画配信者柏田の部屋を訪れた刑事は壁一面に書かれた「貞子」という文字を発見します。

後半

茜の恋人安藤孝則の同僚榎木から茜に「気をつけてください」と忠告の電話が入ったのにも関わらず、貞子の間の手が茜と孝則に及びます。パソコンの画面、トラックの大型スクリーンの画面など逃げても逃げても貞子は追ってきます。茜はパソコンやテレビ画面に対して恐怖を感じます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

感想

茜の学校の他の先生が茜に「森崎が自殺した後、落ち着いたか」と訪ねたのですが、同じクラスの生徒が死んでそう簡単に平常心には戻れません。

この映画はパソコンの画面から貞子が飛び出してきます、映画館で見ると凄い臨場感だと思います。

最後の最後に貞子の顔が映り貞子役の橋本愛の顔を見ることが出来ます。もう少し早く橋本愛の映像を映して欲しかったです。

少女時代の茜の映像でも霊的な能力がある事がわかります。茜の叫び声でゾンビが一瞬のうちに消滅します。石原さとみの迫真の演技の最高傑作です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました