映画・婚前特急 / 吉高由里子 主演

邦画
スポンサーリンク

「婚前特急」は2011年4月1日に公開された作品で、付き合っている5人の彼氏から1人に絞り込むお話です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

出演は主役の池下チエ役に吉高由里子、チエの友人の浜口トシコ役に杏、田無タクミ役に浜野謙太、奥田ミカ役に石橋杏奈、出口道雄役に青木崇高、野村健二役に吉村卓也、三宅正良役に榎木孝明、他に白川和子が出ている。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

婚前特急

あらすじ

雑誌の営業をしている池下チエは「いろんな人といろんな体験をした方が絶対に得」と言う考え方をしていて、友人のトシコに「相手がひとりだとその人としかご飯を食べたりとか旅行に行ったり出来ない、もしスケジュールが合わなかったら終わりだよ、人生は時間をいかに有効に使うかなんだよ」自分の人生観を話します。

友人の浜口トシコは1人男性と付き合っているのにチエは5人の男性と付き合っていました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

1 西尾みのる、33才、食品会社営業部長 ( 西尾だけ他に男がいる事を知っている )

 メリットー 同じ営業職、経験豊富、愚痴や相談になるほどと思える、助言を言ってくれる、割と何でも話せる。

 デメリットー 前妻との間に子供有り、酔うと説教じみてくる。

2 出口道雄、29才、レストバイクショップ経営

 メリットー 店は道楽でやっているため時間が自由になる。

 デメリットー 凝り性だが飽きっぽくすぐに変わる趣味に付き合わされる

       ( 山登り➡エアガン➡スピーカー)

3 野村健二、19才、大学生

 メリットー 若くて可愛い

 デメリットー 先々自分の年が気になりそう

4 三宅正良、54才、美容室3店舗のオーナー

 メリットー 研修と称してチョクチョク旅行に連れていってくれる

 デメリットー 妻を言い訳に最近よく約束を破る

5 田無タクミ、26才、パン工場工員

 デメリットー 小太り、盗癖がある、(チエのCDを勝手に売り払っている)ずうずうしくいい加減、家が風呂なし、時々意味なく鼻血を出す、しゃべっていることにひとつも頷けない、散歩以外にデートに誘って来ない、人の話を聞かない、将来性が無い、つまらないギャグを連発するがそれが結構うけていると思いこんでいる、人気ぶるが友達はいない。

 メリットー 楽。

チエはトシコが結婚して、男たちを査定して、査定の低い人から別れようと思い田無に「私と別れてくれない」と言いますが、田無は「俺たち、付き合っていないから別れる必要ない、今まで通りカラダだけ続けよう」とはぐらかされます。

田無は「パン工場の社長令嬢の奥田ミカを好き」とチエに話し、恋が上手くいくように頼みます。

チエは「思いっきり自分に惚れさせて捨てる」作戦を思いつきます。

田無が奥田ミカと付き合うようになり、そこに他の彼である西尾を連れていきます。田無がミカと親しくしているのを見て急に怒り出し、ふたりはケンカになります。

チエは「はっきり言ってあんた以外の男はあんたと比べようがないくらいちゃんとしていていい男ばっかりだよ、誰と結婚しても幸せにしてくれると思う、あんた唯の工員でしょ。最後にあんたが選ばれる可能性は万が一にも無いくらい」と言いながら二人は最後に結婚します。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

感想

ひとりの女性が同時進行で5人の男性と付き合うなんてとても考えられません。映画の中でも田無がチエの部屋にいるのに三宅が訪ねて来てバッティングします。いつまでも続くわけがありません。

男性に自分の部屋の鍵を渡すから勝手にはいられてしまうわけですが、やはり男性でも女性でも独占欲がありますから他の男にとられたくないと思う筈です。

最終的に査定の低い田無を選んでいますが、田無だけがデメリットが一杯あってメリットは楽である事だけです。何で田無を選んだのか不思議でなりません。

この結婚は破たんするのではないかと思えてなりません。5人彼氏がいて、あとの4人とそう簡単に別れる事ができるものなのでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました