池田エライザ主演 / 映画・貞子

邦画
スポンサーリンク

「貞子」は2019年5月24日に公開された作品で、鈴木光司の小説「タイド」がもとになっています。

出演は臨床心理士秋川茉優役に「ルームロンダリング」「賭けグルイ」「一例して、キス」「億男」の池田エライザ、茉優の弟秋川和真役に「インベスターZ」「3D彼女リアルガール」の清水尋也、和真の仕事仲間の石田祐介役に塚本高史、茉優の病院で保護される少女役に姫嶋ひめか、茉優の病院の同僚医師藤井稔役に桐山漣、少女の母親祖父江初子役にともさかりえ、茉優の入院患者倉橋雅美役に佐藤仁美が出ています。

映画『貞子』本予告/呪いは、投稿動画から

あらすじ

前半

病院で臨床心理士として働く秋川茉優のもとにひとりの少女が警察に保護されて来ます。少女は母親にクローゼットに閉じ込められて生活しており、母親の祖父江は「貞子の生まれ変わり」と信じていました。

祖父江は部屋に火を放ち亡くなるのですが、少女は何故か助かります。少女も霊能力を持っていて目で念じて物を動かせる力を持っているみたいです。

中半

ある時茉優に石田という男から「弟の和真と連絡が取れない」と電話がありました。和真は学校を辞めて「ユーチューバー」をして生活をしています。

和真は新しい企画で「心霊スポットの探索」を決め亡くなった祖父江の部屋を訪れます。

後半

茉優と石田は伊豆大島に向かい和真を発見しますが、貞子により帰らぬ人となります。

感想

祖父江は娘をクローゼットに閉じ込めひとりで出歩かせないようにして、学校にもいかせず戸籍にも存在していません。団地に住んでいたら隣近所に声とか聞こえたりするはずですし存在が今までわからなかったのが不思議です。小学生になるまで学校に通っていなければ知能的にも遅れが生じるはずです。

太陽にあたらずに生活するのは体にとってよくありません。ビタミンDの補給のためにも太陽にはあたるべきです。

和真は学校を辞めて「ユーチューバー」で生計を立てようとして災難に遭いましたが、最近トップ「ユーチューバー」億のお金を稼ぐ人もいるみたいです。

最近、ライザップで減量に成功して話題の佐藤仁美が入院患者の役で登場しているが見所のひとつです。

主役を演じる池田エライザは「ルームロンダリング」や「賭けグルイ」とは違った医師役として出ており演技を比べて見ると面白いと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました