高校生の沢尻エリカに会える / 映画・オトシモノ

邦画
スポンサーリンク

「オトシモノ」は2006年に公開されたホラー映画です。キャッチコピーは「拾ってはいけない」。

出演は高校生木村奈々役に「ヘルタースケルター」「人間失格・太宰治と3人の女たち」の沢尻エリカ、奈々の同級生藤田香苗役に若槻千夏、駅員久我俊一役に「人間失格・太宰治と3人の女たち」の小栗旬、駅員川村役に板尾創路、奈々の母木村靖子役に浅田美代子、他に杉本彩が出ています。

あらすじ

前半

物語は奈々の妹範子の同級生福田孝が「定期券を拾ったからもうすぐ死ぬ」と女性から言われ、その後失踪するところから始まります。その後範子も同じ定期券を拾い失踪してしまいます。駅で範子は孝を見つけて追いかけてから戻ってきません。

奈々は孝の母親を訪ねるとそこに怖い目をした孝の姿がありました。孝の母親は錯乱状態になりました。

奈々のもとに駅員の久我から「範子が映像に移っている」と連絡が入ります。そして、奈々は久我から定期券の持ち主が「青沼八重子」であることを知らされます。

中半

奈々の同級生藤田香苗も「青沼八重子のブレスレット」手にしたばっかりに彼を電車の事故で失います。香苗が駅で「八重子」に殺されそうになるところを片目の女性に助けられました。彼女は「自分の息子も拾ってしまったから死んだ」と話します。

後半

奈々は久我とトンネルに向かい範子を無事に助け出すのですが、そこで出会った片目の女性から香苗は「死んだ」と告げられます。

感想

範子は奈々に入院している母に会いに行くとき一緒に行ってほしかったのですが、バイトで行けなかった為ひとりで行くことになり失踪しました。もし奈々が一緒に行動していたら違ったかもと思えてきます。「おねえちゃん何で一緒に来てくれなかったの」と範子がささやく声が心に残ります。

最初に孝が失踪した時、電車に人が乗っていません、そして香苗が殺されそうになった時も駅には人が見当たりません。ちょっとおかしく思います、周りに全く他の人が居ないなんて。

この物語は「定期券」を拾ったばかりに次々と失踪して、失踪した子供はとても怖い目をしており、死んでいます。とても後味が悪いと思ったのですが、最後に範子が無事に戻る事が出来、ハッピーエンドに終わって良かったです。

この映画の見所は主演の沢尻エリカと小栗旬の若い頃の映像が見える事です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました