ビリギャル/有村架純主演

邦画
スポンサーリンク

2015年に塾講師、坪田信貴の「学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶応大学に現役合格した話を映画化した作品である。主演はNHKの連続テレビ小説あまちゃんで人気者になった有村架純が演じています。この映画で彼女はギャル風のファッションで髪も金髪に変え、いままでと全くイメージが変わり、有村架純のファンがこの作品で増えたと思います。

この話は、名古屋在住の方ならあの学校ではないかと物語をご覧になれば
おわかりになる中高一貫校でエスカレーター式で大学まで行ける女子高です。

映画の主人公のさやかは小学校のときに友達がいなく「学校に行きたくない」と言い出す女の子でした。中学の途中までは黒髪の地味な中学生でした。

しかし、同級生の影響で、スカートを短くして、妹にまで化粧が濃すぎないかと言われるほど化粧をし、髪も金色に染めてクルクルと巻き、タバコも吸っていました。

物語は、さやかがタバコを吸って無期停学になることで転機が訪れます。
母親の「あーちゃん」が優しく他の大学目指そうとを勧めます。

そして、高2の夏休みに坪田先生の塾を訪ねることになります。

この時の格好が今風のギャルという感じです。とても勉強をしに行く女子高生の格好とは思えません。坪田先生は唖然とします。

まず、試験をして、全くできなかったのですが、先生は、すべての解答を埋めたことを褒めます。

さやかは、聖徳太子を「セイトクタコ」読み女と言い張るところが笑えてきます。この場所が一番印象に残っています。「ショウトクタイシ」と読むのは常識だと思っていました。 しかし、先生は「知らなさ加減がおかしくないか」と言いますが、さやかは、「エスカレーター式に大学に行くつもりだったので勉強をしてこなかった」といいます。

そこで、先生は「行きたい大学を決めよう」と言い、最初に、「東大」を提案するが、「慶応」に決まります。 先生は「行きたい大学に入れるのが僕の仕事」と言います。先生は、「慶応に行くんだ」と口に出すことを勧めます。 そして、さやかは先生に小4レベルとと言われてもニコニコしながら勉強を始めます。 先生は「東西南北」を質問しますが、さやかは答えられません。塾のみんなに笑われ、妹にまで、「北が上なら南が下」と馬鹿にされます。ここは、人間として、生きていくうえで常識の範囲だと思います。

さやかは褒められることで勉強を頑張っていきます。さやかは「知識は魔法である」と教わります。 先生が「名古屋の3英傑」を質問すると、「ケツ」「ケツ」「ケツ」と連呼して、「下ネタかよ」と笑わせます。私は歴史が大好きでした、女の子は社会科に興味が男よりないといってもちょっとひど過ぎると思います。 先生は日本史が苦手なさやかの為に日本史の内容の漫画を読むように勧めます。これはとてもよい指導方法だと思います。 さやかは、友達に会っている時も必死に勉強していきます。

映画『ビリギャル』予告編

そして、ドンドン試験の正解が増えてゆきます。先生はとにかく、さやかを褒めて、やる気を引き出してゆきます。髪の毛の色も黒くし、変わってゆきます。出来ない生徒を叱るのではなく、よいところを見つけて褒めることが重要なことだと思いました。 先生が「子供の頃僕は癌に例えるなら末期と言われた」たといったら、さやかは「クズと言われた」と返すくだりも面白い。

先生が他の塾の生徒に「何故塾の先生になったのか」と聞かれたら、先生は「此処ではひとりひとりの個性に応じて教え方を変えられる」「もっともっと生徒の能力を引き出せる」と言います。 さやかは、他の塾の生徒に「ほとんど寝てないぞ」と言われるぐらい頑張ります。 そして、さやかは「慶応大学に合格します」と発表し、坪田先生に言われた「希望することを口に出すこと」を実行したのでした。 坪田先生は言います、「ダメな生徒はいないと思います。ダメな指導者がいるだけです。」というところがすばらしいと思います。

この物語は、「周りになんて言われても、世界中が敵になっても味方でいよう」と考える母親の「あーちゃん」と坪田先生と本人の努力が結果に結びついたと思います。 受験した3校の内、慶応を含め2校の合格という最高の結末でした。この映画は何度も見るべきです。人生の参考になります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました