君は月夜に光り輝く/余命ゼロの宣告

邦画
スポンサーリンク

「君は月夜に光り輝く」は2019年3月15日に公開された作品で、佐野徹夜の小説がもとになっています。

「発光病」という不治の病に侵された高校1年の渡良瀬まみずとクラスメート岡田卓也の純愛の映画です。

「発光病」は未だ解明されない不治の病で有効な治療手段はなく最大の特徴は細胞異常により皮膚が発光するところにありその光は死が近づくにつれ強くなっていき、大人になるまで生存出来ない。

出演は渡良瀬まみず役にNHKドラマ「半分、青い」の永野芽郁、岡田卓也役に映画「君の膵臓を食べたい」の北村匠海、クラスメートの香山彰役に映画「覚悟はいいかそこの女子」の甲斐翔真、卓也の姉岡田鳴子役に松本穂香、メイド喫茶で働く平林リコ役に今田美桜、看護士岡崎役に優香、まみずの母恭子役に長谷川京子、まみずの父真役に及川光博が出ています。

映画『君は月夜に光り輝く』予告①【3月15日(金)公開】

あらすじ

物語は卓也がクラスの寄せ書きをまみずに届けるところから始まります。卓也は姉の鳴子を交通事故死による自殺で亡くしていますので明るくふるまえません。

2回目に会った時まみずは「自分は余命ゼロ」であると告白します。卓也はまみずのオルゴールを壊してしまい、そのお詫びとしてまみずの為にまみずがしたい事を代行します。

「ジェットコースターに乗る」「お腹が一杯になるまでパフェを食べる」「徹夜で行列に並ぶ」「まみずの父親に会う」「メイド服を着たい」「バンジージャンプをしたい」「ロミオとジュリエットのジュリエット役をする」など。

卓也はまみずの母親に「関わらないで欲しい」と言われますが関係は続きます。

感想

まみずは卓也が寄せ書きに書いた「早く良くなるといいですね」を見て「何か冷たくないか」と言います。言葉は相手によってそうとられることもあるので気を付けなければいけません。卓也はクラスメートの香山彰に最後の人間だから持って行くように言われたからもってきただけなので仕方ありません、人間はどうしても言葉に感情が出てしまいます。気を付けなければいけません。

この物語で登場する卓也のクラスメート香山彰の兄も「発光病」で亡くなっています。この病気は多いのでしょうか。

まみずが「メイド服を着たい」の夢を叶える為に卓也はメイド喫茶の厨房で働くことになるのですが、料理が苦手ではそこまでやれないと思います。そして、同僚の「リコ」写真を見せると嫉妬します。ここが女の子だなと思わせます。

卓也が「バンジージャンプ」をしますが、勇気がないとここまで出来ません。

クラスでやることになった「ロミオとジュリエット」で自分からジュリエット役を志願します、幾ら何でもジュリエットは女の子がやるものです、これはおかしい。

卓也がまみずの為に「赤いハイヒール」をプレゼントするシーンが素敵です。 卓也がまみずと屋上に上がって天体望遠鏡を使って星を眺めるシーンもロマンチックで名シーンだと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました